物件詳細情報
sale  

町家と昭和モダンと蔵二つ、坪庭あり (その他)

所在地 長野県諏訪市元町
価格 2100万円
面積 163.63 平米
最寄り駅 JR中央本線「上諏訪」駅徒歩15分


いま「諏訪」はアレです、アツいのです。

昨年、日本最初のRebuldingCenter(リビセン)がこの街に誕生しました。甲州街道と中山道の接点となる古くからの交通の要衝で諏訪湖のほとり、諏訪大社の御柱でも有名な場所です。

古いものがまだまだ残る街並みとは言え、それは外から見た印象であって、実際は、伝統構法の街並みも民家もものすごい勢いで失われているそうです。

そんな中、甲州街道から一本入った通り沿いにありました。「真澄」で有名な宮坂醸造の近所です。

縦の細い格子の窓、町家としての強烈な主張が外観から発せられている建物。ところが隣に接している昭和モダンな箱も実は物件の一部だったりします。正直統一感のない微妙なファサードと言えばそうなのですが、個人的にはがっつりと伝統建築物然としたテーマパーク的な外観よりも歴史と暮らしの軌跡が現れるこの二つの顔になぜだか惹かれてしまいました。

内部は、かなり複雑で立体的な間取りです。様々な用途の変化の変遷を辿ってきたのかもしれません。しかし、通り土間があって、3間続きの和室があって、明かり取りの煙突が突き出ていて、箱階段があって、坪庭の先に2棟の土蔵があるその間取りや造作は明らかな正統な町家の姿です。

これをベースとして、少しずつ改良が加えられていったのだろうと思われます。南側の町家2階は箱階段を上った先。広い座敷(15帖敷き)に付け書院のある床の間が設えられています。窓からは中庭と敷地内の蔵を望み、遠景に山並み眺望。

一方で、北側の建物は、以前、事務所として賃貸をしていたとのことでオフィス然とした装飾の少ない、天高のある、使い勝手の良い居室で構成されています。プライベートと賃貸部分と仕切れるような配置となっていますが、ここは使い方によってかなり自由に変更ができそうです。

さて、二つのテイストの異なる空間を上手く利用することで、居住と仕事場を分離して使う、あるいは製造と売り場、アトリエとショップ、ゲストハウスやシェア空間として用途を分けて利用するなど活用アイディアは色々とありそうです。それに何よりも坪庭の渡り廊下の先の二つの土蔵。土蔵を土蔵以外に使ってももちろんいいわけで、ここの利用方法が何か鍵になる予感もしてきます。

物件を内見しつつ感じたのは、町家部分の質の高い建具や造作に加えて家に流れる上質な空気感です。きっと丁寧に作られ、暮らしてこられたのだろうと思いました。

課題は敷地内に駐車場がない、という点でしょうか。隣の昭和テイストの建物を一部減築して駐車スペースを確保する、という荒技はなくもないですが、近隣で月極めを探す方が正解な気がします。

そんなこんなでとてもポテンシャルを感じています。この建物が解体される前にどなたか丸っと上質を引き継いでいただけたら嬉しいです。




[拡大画像]
まるで違う表情の建物二つ。でもひとつなのです。
まるで違う表情の建物二つ。でもひとつなのです。

町家2階の広間15帖。
町家2階の広間15帖。

通り土間と和室、箱階段、キッチン、元オフィス
通り土間と和室、箱階段、キッチン、元オフィス

土蔵、土蔵から見た母屋、外の路地から土蔵
土蔵、土蔵から見た母屋、外の路地から土蔵

建築構造 木造スレート葺2階建 築年 所在階/建物階数 2階建て
都市計画 土地権利 所有権 取引様態 媒介
用途地域 建ぺい率/容積率 土地面積 363.63平米
情報登録日 2008.12.09 管理費/修繕積立金
設備

都市ガス・上水道・下水道・温泉付き

備考 温泉利用可(申し込みが必要です)、敷地内に土蔵有り(昭和36年築、木造104.39平米)、都計道現道路境より1〜1.5m後に計画線有、景観条例有(高さ15m以内) 河川法有、土砂災害警戒区域(イエローゾーン)
※上記において、図面および面積表示が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。
この物件へのお問い合せ
(お名前、メールアドレス、お問い合わせ内容は必ず入力してください。)
お名前
メールアドレス ※メールアドレスに誤りがないかご確認ください
お問い合わせ内容

お探しの物件条件を教えて下さい。

特徴
   
入居時期
値段
賃貸の場合
売買の場合
エリア
ご入力いただいた情報は暗号化技術であるSSL(Secure Socket Layer) により当サイトのサーバーまで安全に送信されます。